とある学生web開発者のブログ

知ったこと、感じたことを書きます

Backlogの課題追加時に、テンプレートを挿入できるChrome拡張機能リリース!

Backlogヌーラボが開発・運営をしているプロジェクト管理ツールです。
Githubとは違い完全日本語対応で、エンジニアだけでなくビジネス職の方も使いやすい良いツールです。
実際自分もいくつかの企業やプロジェクトで使用しておりました。

とはいえ当然全てが完ぺきというわけではありません。
以前インターンをしていた企業でもいくつか使いづらい点があったため、社内向けのChrome拡張機能で対応していました。

調べてみると様々な方法でBacklogを便利にするツールを作っているエンジニアの方がいるようですね。(Qiitaで検索しました。)

今回はそんなBacklogを少し便利にするChrome拡張のお話です。

ダウンロード

chrome.google.com

何ができるのか

Backlogで課題を追加するときのテンプレート文言を作成・挿入できます。
プロジェクト全体の管理をしている方や、統一した課題の追加をしたいと考えている方にぴったりです!

作ったもの

Backlogで課題を追加するときのテンプレート文言を作成・挿入できます。

テンプレート追加画面

f:id:kentear:20171108002516g:plain

以上の様にしてテンプレートを追加できます。
また、テンプレート一覧の「デフォルトにする」をクリックすることで、そのテンプレートが課題追加画面でデフォルトで追加されるようになります。

この画面は、このChrome拡張機能のアイコンを右クリックすると出て来る「オプション」をクリックすることで表示されます。

f:id:kentear:20171108002930p:plain

テンプレートの選択

課題の追加画面で、Chrome拡張のアイコンをクリックすると登録しておいたテンプレート一覧が出てきます。
f:id:kentear:20171108003053p:plain

そこから一つ選択してクリックすることで、課題の詳細欄に文言が挿入されます。

最後に

大まかな機能としては以上になります。
今後は対応する項目を増やしたり、文言の共有をしやすくしたいなと思います。

とってもとっても小さな機能ですが、使っていただけると嬉しいです!

chrome.google.com