とある学生web開発者のブログ

知ったこと、感じたことを書きます

小さなことから始めることの重要性

ReactNativeの勉強を初めて5日ほど経ちましたが、びっくりするほど進捗しないです。
そもそも、

  • アプリ開発経験ほぼなし
  • 普通のReactの経験ほぼなし
  • ES2015の経験ほぼなし

まぁ、本当に本当に初めてなのです。

目的への最短ルートを探して・・・

以下はReactNativeの勉強を初めてからこれまでの検索ワードの例です。

  • ReactNative ニュースアプリ
  • ReactNative json
  • ReactNative 検索機能
  • ReactNative Redux

などなど。
明らかに、目的に対して直線的です。
やったことのないライブラリなのに、基礎を無視して進もうとしています。

しかしReduxやjsonでの通信・参考になるコードの丸写しよりも、もっと小さなことから試したほうが勉強にもなるし、後々応用できるもんです。

小さなことから始める

今回の場合でいうと、

  • 文字の入力ができる
  • ボタンを押したら、入力した文字が表示される
  • getのapi通信ができる
  • getしたdataを表示する

などなど。
本当に簡単なことに分割して、一つずつクリアしていく。
最初っからreduxだの言って、複雑にして立ち止まるよりまずは目の前の小さなことからやる!
どうせ今のプロジェクトディレクトリはproduction用ではない!

自分への戒めとして、書いておきます!

追記

文字が打てた!!

f:id:kentear:20171003233243p:plain:w300